CONTENTS
記事
EVENT
イベント
CALENDEAR
日程
ITEM
商品
CONTACT
お問い合わせ
noimage

私達の体は、自分に合わない食べ物が入ってきたとき、これは食べてはいけないよ!と教えてくれます。

お腹が痛い、下痢をする、頭痛がする、背中が痛む、皮膚(出る場所は人それぞれ)に湿疹ができる、咳が出るなど…様々です。

「小腸が修復される時間帯は、午後1時〜3時。この時間帯に消化不良や何らかの痛み、膨満感があるとしたら、ついさっき食べた物の何かに対して体が過敏に反応していると言える。」直前の食事を振り返り、合わないものを見つけ、内容を見直す必要があります。

症状は辛いですが、自分のコンディションを良い状態に保つことに役立ちます。

 

参考書籍:ノバク・ジョコビッチ著『ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版』扶桑社、「 」内文章引用

]]>

        
関連する記事はこちら