おいしい母乳、詰まらない母乳を作る食事

おいしい母乳、詰まらない母乳を作る食事について。
お乳が張る、という状態は、「母乳がよく出る」場合だけではなく、食事が高カロリーになっている可能性がある。
 
子どもの成長に合わせて、作られる母乳の量も増えるが、成長に見合わないほど作られると、飲まれなかった母乳は胸に残り、だんだんと古くなる。古くなった母乳は味が落ち、赤ちゃんが飲まない、お乳が張る、という悪循環を招く。
 
・乳製品(洋菓子や牛乳を使った料理など)
・油の多いもの(肉、揚げ物など)
を食べた後は、張りやすい。
母乳の様子も、黄色か、黄色味を帯びた白色で、濃い。
これはあまり良くない状態。
赤ちゃんが飲まなかったり、吐きやすくなったり、顔に湿疹が出たりする。
母乳の質が下がり、乳腺も詰まりやすくするこのような食事は控えるようにしたい。
 
ご飯(できれば、玄米、分つき米、雑穀米など)、味噌汁、野菜を中心としたおかずを基本にして、
一汁二菜程度の食事にすると、具合が良い。
この時の母乳は、青白く、透明に近い白色で、割にさらっとしているのが特徴。
いわゆる「おいしい母乳」と言われる状態。
お乳も詰まりにくくなり、ママも赤ちゃんも肌がきれいになる、嬉しい食事。