女性の健康守る【ヨモギ】

母が、山菜摘みに出かけた。
お土産の山の恵はみずみずしく、春の香りでいっぱい。
これは鮮度の良いうちに、美味しくいただきたい。
私はよもぎを担当。さあ、どうやっていただこうか。
 
春の体は、春に生命力強くなる食べ物を必要としている。
娘にも、春のおすそ分けを、食べさせたいので、よもぎ団子を作ることにした。
 
よもぎを蒸して、小さく刻んで、
すり鉢とすりこぎの中へ。ごりごり。。。
だいぶごりごりしたら、きれいな、深い青緑のペーストになった。
ブレンダーのように瞬時にペーストにならない代わりに、時間をかけてすりつぶしたよもぎは、一層香りが立っているように感じた。日本人の、食材の良さを壊さない調理法、知恵に感服。
 
だんご粉に水、すりつぶしたよもぎを加えて、耳たぶの固さまで練る。
成形して、沸いているお湯に入れる。浮いてきたら、完成。
 
お団子に砂糖を入れない代わりに、自家製のあんこをたっぷりのせて。
娘も気に入って食べてくれた。あんこではなく、きなこをからめても美味しい。
 
 
 
【よもぎ】
学名:Artemisia princeps
分類:キク科ヨモギ属
原産地:イスラエル、北アフリカ
旬:3〜5月
 
「日本のハーブ」「ハーブの女王」と呼ばれるよもぎ。
その学名は「アルテミシア属」、ギリシャ神話で女性の健康を守る神様アルテミスから、その名前がつけられたと言われている。
強い生命力に着目した先人がその効能を探ってきた。漢方においても、万能薬として信頼されている。
魔除けとしても用いられた歴史があり、昔の日本では、おめでたいことがあると紅白ではなく、白と、よもぎを使った緑のお餅を供えた。
食物繊維が豊富で、血液をきれいにしてくれる効果が期待できる。また、よもぎに含まれるクロロフィルが、血中の有害物質を排出してくれることも期待できる。女性に嬉しい薬草の一つ。
 
参考:
・芦澤正和氏、内田正宏氏、小崎格氏 監修『花図鑑 野菜+果物』