玄米粉入りスコーン

うちでは、ヨーグルトが余って、ちょっと日にちが経ってしまったなという時、スコーンを作ることにしている。
栗原はるみさんのレシピで作るものが、お菓子というより主食という感じで、気に入っている。
 
今回は、いつも作るヨーグルトスコーンに、玄米粉を混ぜてみた。
玄米食、玄米あま酒、最近、自分の中で、玄米がちょっとしたブームになっている。
 
栄養面で見ても、玄米はミネラルを削ぎ落としていないので、健康と美容にとても良いが、混ぜると仕上がりが香ばしくなって、お米でもお菓子でも、おいしくなる。
 
作ってみたい方へ
〈作り方メモ〉
A 薄力粉 250g(内、玄米粉を50g入れてみた)
   ベーキングパウダー 大さじ1
   砂糖 大さじ1
B バター 50g (バターは小さく切って、使う直前まで冷蔵庫へ入れておく。)
C 卵 1個
   牛乳 大さじ3(うちでは豆乳を使う)
   プレーンヨーグルト 50g(ヨーグルトの残り量を入れて、やや薄力粉を足して調整している)
 
・上の材料を、A、B、Cの順に、ボウルで混ぜ合わせる。
・粉っぽさがなくなったら、生地を一つにまとめ、打ち粉を振ったまな板などのボードの上で、型抜きする。
・ガラスのコップで抜いた素朴感が好き。
・天板にクッキングシートを敷き、180度に予熱したオーブンで10〜12分焼く。
 
参考:栗原はるみ『haru_mi 夏 vol.40』
 
ちなみに、半分の分量で、薄力粉の代わりにココナッツ粉を使ってみたが、膨らみが悪く、ポソポソという感じ。
でもココナッツの風味は心地よく、グルテンフリーの食材なので、活かし方を模索したい。