おじいちゃんのスイカ

親戚が集まる日は、おじいちゃんも日頃の成果の見せ所。
畑には、もういま食べて〜!と言わんばかりに美味しそうに育った、トマト、甘長唐辛子、茄子、スイカ…。
幼いひ孫に見せたくて、摘まずに残しておいてくれたのです。猿や鳥と戦いながら…。
おじいちゃんの気持ちにじ〜ん。自慢したかったのかもしれないけど、嬉しい!ありがとう。
 
おじいちゃんが、手塩にかけて育てたお野菜は、どれもこれも皆、味が濃くて、みずみずしくて、美味しい。
 
恒例のスイカも、やっぱり!まちがいなく美味しかった。
甘い!みずみずしい!この旨味は何??普段あまり食べないスイカを、皆で沢山おかわり。
おじいちゃんが大事に育ててくれたからかな、ありがたい味がしました。
 
皆で外で、スイカを切って食べたことも、良い思い出。余計に美味しくなる気がする。
 
ちなみにスイカは、夏のほてった体を冷やしたり、体の中の水の流れをスムーズにすることで排尿を促し、むくみを取ったり、腎臓の機能を助けたりしてくれる効果があります。日本の夏を乗り切る知恵を感じますね。
ただ、現代の生活では、クーラーや冷たい食べ物、飲み物で、もともと体が冷えているので、食べ過ぎにはご注意を。