伝える上映会開催

 

先日8月7日(水)に、岐阜市の中央図書館、メディアコスモス「みんなのホール」にて、『GUFT』『いただきます』という映画の上映会を開催しました。82名の方にご参加いただき、お子様連れ、赤ちゃん連れの方が沢山で、楽しい時間となりました。お出かけも大変なお年頃、また暑い中、足を運んでくださったことに、本当に、感謝しております。

この映画鑑賞を通して、「食がいのちをつくる 食が体をつくる」ということを感じていただけたと思います。お子様たちも、小さいながらに、感じることがあったと思います。小さくても、ちゃんと分かっていますからね。

アンケートもしっかりとご記入いただき、一つずつ見ていくと、食に関して、迷いや悩みの末にご自身で試行錯誤されてきた方がちらほらとあり、アツいメッセージに、胸が熱くなりました。ありがとうございました。

 

今回の上映会は、うめやママが企画・運営する「いのちの授業プロジェクト」の一環で、次は来年の春頃に、助産師界のマザーテレサ「賀久はつ」先生によるご講演を予定しています。お母さんであることを誇りに思える、子どもたちが可愛すぎて、もうひとりほしいなんて考えてしまうくらい、感銘を受けるお話です。改めて案内します。お楽しみに。

 

*映画『いただきます』…福岡県は高取保育園を舞台としたドキュメンタリー映画です。アトピーやアレルギーを持つ園児が年々増加することを見かねた園長先生が医食同源の考えに基づいた和食の給食を取り入れます。ここに通う園児たちは元気いっぱい、生命力にあふれています。1968年頃の日本には、アトピーやアレルギーはなかったそう。昔の生活に戻るのは退化ではない、和食の良さを見直しましょうというアツいメッセージを持った映画です。

*映画『GIFT』…映画『はなちゃんのみそ汁』のモデルになった安武信吾さんと娘さんのはなちゃんの現在の暮らしを追った、短編のドキュメンタリー映画です。乳がんで亡くなったはなちゃんのお母さんは、彼女にみそ汁の作り方を伝えます。今でも母からの教えを守り、ごはんとみそ汁を中心とした和食を食している彼女 は元気いっぱい、素直な女の子に育ています。何回見ても、自分と家族に重なって、涙で前が見えなくなる映画です。