【報告】キラキラバースフェスタでの学び・お母さんには知っていて欲しいこと

2019.12.7

少し前のことになりますが、素晴らしい学びの機会でしたので報告いたします。

先日12月7日(土)に、岐阜県瑞穂市の清流みずほ認定こども園さんを会場に開催された「キラキラバースフェスタ」へ行ってきました。

【第1部】

・大垣桜高校の生徒さん方が、食学ミネラルアドバイザーの国光美佳先生と学び開発した「Bio ミネラル百菜弁当」の試食と生徒さん方の報告

・国光先生のご講演「ミネラルで変わる心と体」

なぜ今Bioなのか、なぜ今ミネラルなのか。ミネラルは現代人に不足している栄養素で、しかし身体を健やかに保つために必要不可欠です。大垣桜高校の生徒さん方は授業を通して、ミネラルを意識した食事が、自らの身体を変えていく体験をされています。生理痛が楽になった、冷え性がましになったなどの実感です。食品添加物などの化学調味料や、簡単に薬を得られるになったことで、現代人の身体は解毒機能が間に合っていません。胎盤を通して赤ちゃんに悪影響を及ぼす物質が、身近にあることも分かっています。これを避けるための選択肢がBioではないでしょうか。必要ないものは使わない。それによって自分の身体と赤ちゃんを守る。この学びを、未来のお母さんとなるであろう女の子たちが、未婚のうちにしているということが、大変大きな意味を持っているように感じました。

【第2部】

「幸せな出産と親になることとは、産後ケアの充実へ」をテーマとしたご講演と対談

産後ケアの充実のため奮闘されている、助産院”ママの羽”の院長:樋口真琴先生

幸せ愛情ホルモン”オキシトシン”研究の第一人者である総合医療クリニック徳院長:高橋徳先生

オーガニックお昼ごはんなど「Bioが当たり前」未来の園づくりをされている清流みずほ認定こども園の園長:加納大裕先生

樋口先生のご講演からは、産後うつやワンオペ育児に悩むお母さんたちは、専門家のケアと家族のサポートがあれば、もっと幸せな子育てができるようになるんだということを学びました。虐待の事件も多いですが、お母さんたちからのSOSかもしれませんよね。お母さんが幸せな子育てができる環境がこの国でスタンダードになると良いなと思います。

高橋先生のご講演からは、オキシトシンが幸せなお産、その後の子育てに与える影響や、妊産婦でなくても、人はオキシトシン分泌が重要であることを学びました。オキシトシンのメカニズム、増やす方法を具体的に教えていただけたことが大変学びになりました。

加納先生のご講演からは、Bioはもう生き方なんだということ、人は自分のことばかり考えて好き勝手していると、この地球で行きられなくなる、もうそんな時期がすぐそこまで来ているという衝撃と危機感を強く感じました。まずは自分の生活から、Bio(オーガニック)に切り替えていきます!!

来年のうめやママのテーマは、「お母さん力を上げよう」です。私もそうですが、母になって初めて、今のままの食生活ではいけない、今のままの暮らし方ではいけないという違和感や危機感を感じる方は少なくないようです。しかし、正しい情報はつかみにくい。善悪ではないですが、せめて自分が納得のいくものさしを持っていると良いと思うのです。なぜ加工食品がいけないのか、なぜオーガニックなのか、ちゃんと理由があるし、選択するママが増えれば周りの環境も良い方へ変わっていきます。そのムーブメントを作りたい。ぜひ講座などにご参加いただいて、一緒にお母さん力を上げましょう!