【子育て日記】ルーを使わないホワイトシチュー

2019.12.12

心の中で独り葛藤した記録。

娘から、夕食にシチューが食べたいとリクエスト。

「お野菜何入れようか?」「ブロッコリーと人参と玉ねぎ、あ、あときのこ!」一緒に野菜をかごに入れるまでは順調。

さて、ルー、買う?買わない?ルーを使えばあっという間にシチューができる。野菜切って煮込むだけだもの、超簡単。夫も出張中だし、楽しちゃう?

いやいや、酵母エキスとか、なんとかパウダーとか、いっぱい入ってるし。今日も、そういう食品添加物が腸を傷つけるって学んだばっかりだし。血出てる腸の映像見たし…分かっていてわざわざ使わなくても…。

…ん〜…ん〜…ん〜。子供もそんなには待ってくれない。結局、買うのをやめた。バターと小麦粉と牛乳で、ホワイトソースを作ることに。

自己流でやった割には美味しくできて、子供自身に野菜を選ばせたからよく食べてくれた。

しかし後からちゃんと調べてみると、バター、小麦粉、生クリーム各少量をフォークで混ぜ混ぜするだけで、ホワイトシチューを美味しくする”ブールマニエ”という自家製ルーみたいなものが作れることが分かった。次回は、これでやってみよう。

〈ブールマニエ〉

バター、小麦粉・・・各大さじ2

仕上げ用の生クリーム・・・大さじ3

これらを混ぜ合わせて、煮込んだ野菜など(煮汁は水300ml、牛乳200ml)の中に溶いて入れる。

参考:大庭英子『基本の洋食』オレンジページブックス

ここでのレシピも、煮汁にはコンソメのような洋風スープの素というのを利用している。やはり手間がかかるのかな。一度洋風出汁も、自分で取ってみたいな…。弱気ながら独り密かに完全無添加を目指そうと思う。