一緒にハンバーグ作り

保育園から帰ってくると、「遊ぼ〜」の繰り返しが常だった娘。
期待に応えて一緒に遊んであげたいけれど、夕方からまた家事が忙しくなる時間帯、あんまり繰り返し言われると、気が滅入りそうになることもしばしばでしたが、最近、良い方法が一つ、見つかりました。

お料理のお手伝いをしてもらっています。
なんでも自分でやってみたい時期にフィットしたのか、案外、楽しんで手伝ってくれます。
そして、3歳になった娘は、こちらの想像以上に戦力になることも発見。

ある日は、ハンバーグを作りました。
材料はこちらで刻んでおいて、混ぜる作業と、形を作る作業を一緒にしました。
こねこねするのが気持ち良いらしく、よ〜く、こねこね。
形を作るのも、保育園で粘土遊びをやっているからか、思いの外、上手です。

一緒に料理をする時のポイントは、見守ること。キッチンが汚れても、我慢。そのうち上手になることを信じて。

一緒に作って良かったなと思った点は、自分で作ったものだと、娘はよく食べるということ、親子でコミュニケーションする時間を取れることと感じました。ママも子どもも笑顔になれて、一石二鳥です。