ゴースト血管を作らない習慣でアンチエイジング

梅屋薬局健康たより 
mame-kana

ーあなたの健やかな日々を願ってー

『夏が終わっても気をつけて 今からできる肌メンテナンス』2020年9月11日(金)に開催しましたstudyの内容です。

■ Point

・体中に張り巡らされている血管は加齢と共に劣化、老化する。重量が減る。

・血管量は、20代と60〜70代を比べると、毛細血管が2分の1に減る。
 これは、”ゴースト血管”と呼ばれる現象。

・血液は、細胞に栄養や酸素、水分を届け、老廃物や二酸化炭素の回収をしている。
 その血液が流れる血管がなくなるということは、その先の細胞組織に栄養や酸素が届かない

 ということ。

・”ゴースト血管”状態になって困ること・・・
 認知症、冷え性、骨粗鬆症、肝機能の低下、腎機能の低下、しわ&たるみの増加、薄毛など

 

・ゴースト血管になりやすい人・・・
 大食い(バイキング好き)、シャワーのみ、のどが渇く、運動しない、タバコ、高血圧、
 日中眠い、加齢
 ⇒つまり…よく噛んで食べすぎない、湯船に浸かる、適度な運動を習慣にする、タバコを
 吸わない、甘いものを摂りすぎないことを意識してみましょう。

★内側からのメンテナンスが外側の肌に影響します!!

 

■自分でできるゴースト血管check
親指をぎゅ〜っと5秒ほど押して、離します。2〜3秒で血色が戻れば、ゴースト血管はまだできていません。